2005年10月17日 (月)

マリーンズ優勝

今日は公私にわたり色々ニュースがあったんですが。特に内閣総理大臣様のおかげを持ちましていらん仕事が増えたりとか・・・

まぁ、その中で、今日はパ・リーグのプレーオフについて。

結局マリーンズが優勝したわけですが、7回終わるまではもう、ホークスの優勝は既定路線という雰囲気だったわけです。第三戦、絶体絶命のピンチから4点差をひっくり返したホークスの勢いは最後まで続くと。それが、8回、その雰囲気が再度ひっくり返されてしまいます。

ニュースのダイジェストでは写らないでしょうが、そのきっかけは今回の先頭打者、代打初芝です。記録は内野安打。でも実質はエラーでしょうね。ボテボテのサードゴロを川崎とズレータでわざわざぶつかってるんですから。でも、川崎とズレータがちょっと交錯したところで、足の遅い初芝がボテボテのゴロに全力疾走を怠っていれば、この流れがあったかどうか・・・既に引退を発表している初芝の、当たり前ではあっても真摯なプレーがホークスへ向かっていた流れをふたたび引き寄せ、マリーンズの選手を一丸にしたと思います。

ゲームセットの瞬間、初芝はグラウンドにいました。バレンタイン監督は代打で出した初芝をそのまま守備につかせていたのです。憎らしい演出ぶりのバレンタイン監督の采配はきっと日本シリーズに生きてくるものと思います。

2005年10月16日 (日)

プレーオフ

なんか、前に書いた球界再編、書くなりその通りの筋書きで報道されまくって・・・・ちと安直すぎたかなw

一応プロ野球ファンとしては、我がライオンズがでておらずとも、プレーオフの状況には興味がある。今日は休みなのでテレビで見ようと思ったんだが・・・ない!ないよ!なんでじゃー!!!

と、調べてみたら、Yahoo Japanでネット中継してたのね。

http://bbpromo.bbtv.com/

しかーし、最初つながったのに、一度間違えて接続を切ったあとは二度とつながらなかった。やはりインターネット放送というのはそう簡単なモノではないんだけど、どうも今時の風潮はIPであければ通信ではないという風潮で、IPの問題点がクローズアップされていないのが不満ですなー。

2005年10月14日 (金)

TBS株買収

なんだかまたしてもテレビ局買収の話がでているようですが・・・

ここで妄想wに基づく仮説をご披露してみましょ。

まず現状を整理すると、以下の状況がありそうです。

1.村上ファンドによる阪神電鉄株買収

2.楽天を主力としたTBS株買収

3.村上ファンドのスポンサーと噂されるオリックス=宮内会長

4.村上ファンドが西武鉄道増資に反対

5.村上ファンドの阪神球団上場案に怒り爆発のナベツネ

6.未だに正式決定の話がでない楽天ゴールデンイーグルスの監督

以上から、以下の仮説を提唱いたします。

1.一連の動きはプロ野球界の一リーグ製移行への布石。登場人物は全員がグルw

2.オリックスと阪神、横浜と楽天を合併して10球団一リーグ制とする

3.ナベツネは前回に懲りて、今回はわざと怒って見せてるが、裏では全て承知済み

4.できあがり形式は以下の通り

  • 阪神タイガースはオリックスを吸収合併し、阪神電鉄そのものをオリックスがグループ企業化、村上ファンドはオリックスに阪神電鉄株を全部売却してもうけを出す
  • 楽天はTBSを参加に入れて放送事業に進出、あわせて、球団を合併して本拠地は宮城におく。
  • 村上ファンドは阪神電鉄株をオリックスに、TBS株を楽天に売却。問題は西武をどうするか・・・ヤクルト、広島、日ハムあたりとさらにガラガラポンを仕掛ける可能性有。ただし、06年以降に・・・

と、こんな所でしょうかw

悔いが残るのはホリエモン騒動の時に既に「次はTBS」の噂があったにもかかわらず、TBS株を買っておかなかったことですかねー。

最近のトラックバック

2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ