2006年9月21日 (木)

DEATH NOTE

まぬうの漫画を読むパターンはいくつかあるんですが、そのうちの一つが、

評判の高かった作品を完結後にまとめて読む

と言うのがあります。

で、今回は、DEATH NOTE。今度藤原竜也主演で映画化までされるという話題の作品です。作者は絵が前回のエントリーでも紹介(ていうかネタか?)した小畑健。実は、これも人気作、ヒカルの碁の作者でもあります。

で、派手なネタ晴れに注意しつつ感想。

この漫画、本当に週間連載向きだということ。話の展開というか引っ張り方が上手い。正直、緻密に読んでいけば、論理破綻が見つけられるのかも知れないと思うが、キラこと夜神月とLの攻防は緊迫感が高く、ストーリーの次を早く知りたいという欲求に駆られます。漫画の世界設定(死神やDEATH NOTEの存在)とストーリー展開の絶妙さがよい鉱脈を引き当てた感じです。いかにも連載中に読者を引きつけるジャンプらしい作品といえるでしょう。

でもなぁ・・・主人公完璧なんだよなー。東大主席合格するし、美形で女にもてまくりだし、自分なりの正義感美学ももってるし。お話とはいえむかつきすぎw 俺だってあれだけかわいいのに命を削って月にひたすら尽くすミサミサみたいな彼女が居たらどれだけうれしいか・・・(オイオイw

あと、一番疑問だったのは、DEATH NOTEによる殺人は法で罰することはほぼ不可能だと思うんだけどどうよ?殺人を立証するには、動機の他にも手段を立証しなくちゃならないわけだが、DEATH NOTEに書き込むだけで人が死ぬって言うのは、立証できないんじゃねーか?

まぁ、現実にDEATH NOTEが存在した場合、殺人罪を立証するのが困難でも超法規的措置が発動してDEATH NOTE没収とか、使用者の暗殺は確実に狙われるだろうからあんまり考えることもないのかも知れないけどね。

てことで、全12巻ですがこれはお勧めです。まだ読んでない人は一度読んでみるといいでしょう。ちなみに映画版では前半部分のみのストーリーとなるようですが、原作の内容的にも前半の方が個人的には好みです。

最近のトラックバック

2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ