« 2007年4月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年5月27日 (日)

いわきの温泉に行ってきました♪

ども。すうぱあまぬう@最近はゴルフ三昧 です。

 

で、こないだの金曜日は有休を取ってゴルフに行ってきました。場所は

 

新・西山荘カントリー倶楽部

 

070426 こんな感じの建物でして、まん丸い形の建物が二つくっついた形になっているクラブハウス。何というか・・・・バブリー?

 

070526

ロッカーはこんな感じで、これまデカイ!普通のゴルフ場のロッカーはもっと小さいです。とにかく豪華。ちなみに、コース設計は、かの有名なピート・ダイ。そのせいか、コースはやたらに難しいです。

 

ですが、いやはや、水戸の先なので川崎からだと遠い・・・まじで2時間以上掛かってるもんなぁ。おまけに金曜日は酷い雨・・・ここのところ毎日晴れているって言うのに、なんでよりによってこの日だけ・・・そういうわけで、スコアはとても言えません(T_T) この日のために、ゴルトモで必死に特訓ラウンドしてきたのですが・・・

 

ようやくラウンドが終了し、いつもならこのまままっすぐ家に帰ってバタンキューなのですが、なにせあまりにも遠くまで来ていたので、今回はそのまま、更にいわきまで足を延ばすことにしました。そう、言わずと知れた、温泉です。

 

で、宿泊したのは、コチラ。

 

白鳥山温泉 喜楽苑

 

とにかく、ゴルフの後、常磐道でできるだけ早くつく温泉地を探したところ、いわき湯本温泉になるのは有る意味必然でした。

 

いわき湯本ICを下りて、この喜楽苑まで行ってみると・・・回りは結構聞いたことある場所がいっぱい。例えば、ここ。スパリゾートハワイアンズ。昨年の邦画、フラガールで有名になったリゾートです。まぁ、こういう、村興し的リゾートはぶっちゃけ余り好きではないので行きませんでしたがw

 

で、宿の隣にはJRAの運営する馬の温泉があったりします。喜楽苑は山の上にあるんですが、そこに登る道は、歩行中の馬に注意と言うことで注意標識はあるわ、徐行を義務づけるわ、色々でした。

 

070526_1 そんなこんなで、とにかく喜楽苑に到着。建物はこんな感じです。結構大きな建物がいくつか連なる形で宿が構成されてるのですが、2階建てというのがなかなかいい感じです。

  

 

で、まずは温泉らしくお風呂から紹介。風呂は全部で4種類。内風呂の大浴場と鉱泉風呂、それと、男女混浴の大露天風呂と、家族用の小さな貸し切り露天風呂。家族用露天風呂だけは予約が必要で、使用時間は30分までとなっています。当然のごとく全部ためしてみました。まぁ、残念ながら、混浴大露天風呂は他には誰もいませんでしたがw

泉質自体はそれほど特別な感じはしませんでした。鉱泉と硫黄泉のようですが、硫黄泉といっても色も普通に透明だし、格別キツイ臭いも無し。まぁ、多少は加熱処理を加えているようなのですが、これはよくあることですしね。ただ、どうやら思ったよりは効いたみたいです。実はゴルフの後は最近肩こりが酷いのですが、とりあえず温泉にゆっくり浸かっただけでだいぶ楽になった感じがしました。

 

次に料理ですが、いわゆる和食系のものがでて来ました。いわき湯本温泉は小名浜が近いので結構海の幸を使った料理もでてきます。蟹が印象的でした。ぶっちゃけ、食いきれないほどの量で、今少し胃を痛めてるので苦しんでたりしましたが(+_+)

 

で、食べ終わった後フロントに電話。何かって言うと、マッサージを頼んだんですね。どうも結構混んでいたようでしてしばらく待たされました。が、この按摩師、かなり上手い。うまい按摩師というのは、触られた瞬間にわかります。いわゆるつぼをいきなり最初からついてくるんですね。で、私の場合、慢性的な首凝り状態な上にこの日はゴルフ疲れ、更に頭痛までしていたので、首と肩を中心にマッサージしてもらいました。めちゃめちゃよく凝ってるので、もみ返しになってもいいから強く、と要望したこともあり、ぐりぐりごりごり。かなり痛かったんですが、温泉効果もあってか、揉み返しは有りませんでした。かなり今、肩が軽い。今までで一番効果のあったマッサージではないかと思います。

 

070526_2 さて、宿の設備ですが、こんな池がありました。丁度この季節なので睡蓮が咲いてます。う・・・ちょっと睡蓮にはトラウマが・・・なかなか睡蓮のような悟りの境地に達するには、私はまだ人間が出来ていないようでして・・・・(^_^;)

 

070526_3 で、この池には、かなりの数の鯉が生息してます。元々は錦鯉を飼っていたんでしょうが、自然繁殖して、黒い鯉が数としては多く泳いでいました。で、白いのとか赤いのは、これはこれで凄くて・・・というか・・・デブw? やたら巨大だったんですよね(^_^;)

宿の人のお話では、一際でっかい鯉がなかなか元気で、よくこの池の真ん中でばっしゃんばっしゃん、外まではねているそうな。写真は窓際から撮ったのですが、どうやらここから餌を与えるようで、窓を開けるとこの通り、鯉たちが寄ってきてました。

 

070526_4 こちらは喜楽苑から外を見たときに見える庭です。よく見ると、紅葉などの紅葉樹も多く、この季節もいいですが、やはり紅葉シーズンはなかなか眺めがよくなりそうです。何と言っても、自然そのままの落ち着いたたたずまいはなかなかでした。

 

あと、この宿。従業員の人達がとても親切でした。最近はぎすぎすした人間関係が多いですが、商売とは言え心和む対応は嬉しい限りです。総じて非常にいい宿で、ちと値段が高い(13800円)かなと思うのですが、カップルとかで行くにはいいのではないかと思いました。

 

070526_5 チェックアウト後、せっかくなのですぐ近くの馬の温泉も見学して回りました。こんな感じの厩舎があり、中で、温泉シャワーを浴びるリハビリ中の馬たちがいます。見ると、リハビリが主目的の調教場、温泉プールなどの設備が充実している感じ。

なんでもここには、かの、オグリキャップやトウカイテイオーも入っていたことがあるそうです。なかなかの研究・リハビリ施設ですね。

 

070526_6

 で、これは、リハビリ施設の外にあったポニーのおうち。これは家族連れの人のための動物園的なものでしょうか?

 

ていうか、このポニー、とにかくひたすら食ってました。オイオイ・・・・

 

 

総評ですが、いまいち秘境というイメージには遠い所ですが、なかなかよい場所でした。遠く感じますが、常磐道一本で来れるので交通の便は決して悪くないと思います。渋滞がなければ東京まで3時間掛かりませんし。回りにゴルフ場も多く、ゴルフ合宿の宿とかでも使えますが、やはりお奨めはカップルかなぁ、と思います。

 

P.S.ところで、ここ。やたらとガソリンが安いです。首都圏との対比では今、私の家の近所ではリッター143円くらいですが、ここは凄い。なんとハイオクが136円です。そういうわけで私も自分の車のガソリンは満タンにしてから帰ることにしました有る意味もうかった、かな?

« 2007年4月 | トップページ | 2007年10月 »

最近のトラックバック

2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ