« トレーニングメニューについて | トップページ | 疑惑の審判 »

2006年2月14日 (火)

Mロードスター比較論?

今日は珍しく私のブログにコメントがついたので、書こうと思っていて忘れていたネタをこの機に書いてしまおうかと思いまして・・・。onmybeatさん、ありがとうございましたm(_ _)m

で、ネタというのは何かというと、実は先日S2000に試乗する機会があったので、そのS2000との比較です。(ときどきZ3や初代&二代目マツダ・ロードスターを試乗した記憶もまじえてになりますが)

で、S2000なんですが、このクルマは凄い。何が凄いって、あのミニバンメーカーのホンダが唯一保有するFR車ってだけでも凄いです。で、これだけ実用性がないクルマであるにもかかわらず、新車乗りだし価格400万円オーバーというのがまた凄い。普通の人は買えません(>_<)

しかし、ではダメ車かというとそんなことはない。これが非常によいのです。以下、各項目ごとに乗った感じを考察してみました。

1.エンジンとミッション

S2000のエンジンはマイチェンで2.2リッターになるまでは2.0リッターのホンダ自慢のVTECエンジンで、最高9000回転まで回るという優れもの。専門家の評価では低回転でのトルク不足を指摘する向きも多いのですが、私の感じではそれはあまり感じられませんでした。むしろMロードスターの方がトルクが少ないかも。これはおそらく車重の差が大きいのでしょう。

エンジンフィールですが、どこまでも滑らかに気持ちの良い音で回っていくBMWの直6エンジンに対して、ホンダのVTECエンジンは荒々しいという表現がぴったりです。特に5000回転を超えるあたりからはエンジンの咆吼がそのままクルマを一段上の領域に加速させる感じがしました。

運転は慣れればそれほど難しいモノではありません。が、シフトチェンジのタイミングはS2000は結構シビアに感じました。3速→2速の減速で何度もがくがくとさせてしまったあたりにこのクルマの操作がシビアと言われる所以をみた気がします。これと比べるとMロードスターはどこからでもトルクが出るし、操作もそれほどシビアではないのでむしろ万人向けの感じがします。

2.ハンドリングと重さ

Mロードスターは良くも悪くも「重い」クルマです。ハンドルもミッションもクラッチもブレーキも全ての操作が重い。それ故に安定感がありますがクルマの操作が非常に疲れます。車重の重さは剛性の高さと安定性につながっていますが、運動性能はその分犠牲になっている感じもなくはありません。

一方S2000はこれに比べると全ての操作が軽いです。ミッションはショートストローク、アクセル、ブレーキ、クラッチもストローク自体が短く、ハンドルも小径で軽め。操作を素早く行う為に作られていることがよくわかります。車重もMロードスターやZ3よりはっきり軽く、その分だけハンドリングもすっと行く感じがします。にもかかわらず、ボディ剛性もしっかりしている点はすばらしい。しかし軽さで言えばマツダのロードスターの方が上。気持ちよさという点では一歩劣るかも知れませんし、高級な乗り味というのとも違う気がしました。

3.幌と内装、外観

Mロードスターの比較記事(こちら)では確かに幌車、特にリアがビニールというのは新車価格700万円のクルマとは思えない欠点と見てるようですが、これが乗ってみると案外気になりません。確かに開閉は面倒ではありますが、そうそう開けたり閉めたりするモノではないので、この辺は割り切って良いのだと思います。ちなみに電動はオプションですが、私のMロードスターにはついてます。

一方内装で特に重宝しているのが皮シートのシートヒーター。これ、なかなか暖かいんですよね。中は2シーターなので広くはないけど必要十分のレベルにはあります。メーター類がえぐいですが、個人的には良くまとまっていて好きです。

一方S2000の内装も決して悪くはありません。ただし、問題はメーター類です。個人的な趣味ですが、エンジン回転数、速度ともデジタル表示でちょっと見にくい上に安っぽい気がします。やっぱりタコメーターがいいなぁ。

幌の開閉速度はなかなかのモノで、6秒で開閉が完了しますが、ロックする箇所がMロードスターと同じ2カ所なので必ずしも便利とは言いきれないように思います。

最後に外観ですが、やっぱりMロードスターはベースのZ3同様クラシカルなスポーツカーの文法を使い切っている感じがするので非常によいです。実用性は綺麗さっぱりないおかげで、Z3と比較してリアがこぢんまりとしたラインになっていて秀逸です。一方でS2000は・・・角張ってるだけと言うのが率直な感想でした。乗っているときはあんまり気にならないんですけどね。もったいないです。

結論

以上から、Mロードスターはライトウェイトスポーツというくくりにするには不適当なクルマと思いますが、そういう理屈とは関係ない次元で楽しむべきクルマなのでしょう。理屈で考えるならS2000の方がむしろ良いクルマではないかと思います。(燃費だけでもS2000はMロードスター対比で1.5倍くらい良いし)

« トレーニングメニューについて | トップページ | 疑惑の審判 »

コメント

こんにちは。
私のコメントにさっそく反応?していただいてありがとうございます。
S2000は、昔ビートに乗っていた元ホンダ党の私にとっても気になる車でしたが、残念ながら乗ったことはなかったため、楽しく読ませていただきました。

まぬうさんはS2000の性能には満足でも、内外装デザインに疑問符を付けておられるようですが、私も同感です。
ホンダは(昨今のミニバンはどうか知りませんが)やはりエンジン屋さんというイメージで、以前乗っていたビートでは商用車用ベースのエンジンなのに9,000回転以上まであっさり回りましたから、ずっと高度なS2000ではさぞかし痛快な吹け上がりなんでしょうね。ちなみにビートの直列3気筒エンジンは生意気にも?Mロードスターと同様、各気筒毎にスロットルバルブが付いていました。

内外装デザインがもう少し好みだったら、触手を伸ばしていたかもしれません。
確かに経済性などを含めたトータルではS2000の方が優れている、と言えるかもしれませんね。

もっとも、私はより主張の強いスタイリングのMロードスターの方が、やっぱりずっと好きですが・・・。

やぁやぁご無沙汰。いつぞやはMは堪能させてもらいました。
車の話は置いといて・・・焼肉で「合コン」とな!?
そっちの方が気になるな・・・

スズキ・カプチーノ卒業生の私は、やはり走りを語る上で
ロングノーズ&ショートデッキ・FRは譲れませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144746/8650806

この記事へのトラックバック一覧です: Mロードスター比較論?:

» [速報] BMW Z4 M Coupe、正式フォトデビュー! [BMWおたっきーず!Blog - BMW総合情報ブログ]
[速報] BMW Z4 Coupe、正式フォトデビュー!に引き続き、Mバージョンである「Z4 Mクーペ」も正式にフォトデビュー! 以下大量に写真続きますっ! [続きを読む]

« トレーニングメニューについて | トップページ | 疑惑の審判 »

最近のトラックバック

2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ